山下和仁のデビュー以来の演奏活動の内容の変遷をたどってみると、2003年以降、自身の子どもたちとの共演が徐々に増えてきている。 デュエット、カルテット、そして今年はイタリア・トリノ、続いてシンガポールでも次男を加えて、初めてのクインテットが披露されるらしい。彼のような、技術的に高度に完成された演奏家にとって、子どもたちとの共演には、いったいどんな意義があるのだろうか。
ましてや近年これらの活動は、片手間であるどころか、次第に活動全体の半ばを占めるようになってきているのであるから、その理由を知りたいものである。「それは魂の源泉に関わること」というのが、この問いに対する彼の返答である。
30年以上にわたって旺盛な演奏活動を行い、しばしば精神的昂揚を体験してきたが、そのような昂揚において魂の感じ取るもの、そこに垣間見られる世界よりも、さらに内奥の、底知れぬ深みがあるということを、近年うっすらと感じるようになった、という。幼い子どもたちの、いまだ純朴な魂の働きに触れ、成長とともにたどるその変化を間近に見ることにより、自らの魂の奥深い働き、そのかすかな、捉えがたい余韻に気づいたということらしい。
それは彼にとって、子どもたちとの日常的な触れ合いの内に感じられる以上に、子どもたちと音楽を共有する折に、より深く感じられたのである。

音楽が人間の魂に及ぼす作用は、根源的なものであって、無意識の作用に属するものである。音楽に表現されているのは、人生の特定の情況のなかで遭遇するようなものではない。
それは人間の限られた体験領域にあるものではない、それは人問の魂がもつ体験の中でももっとも奥深いもの、すべての人間にとって普遍的な、魂の奥深くに根差すものである。 幼い子どもであれ、成年であれ、老人であれ、すべての人間は、それを同じように体験するはずだというのが、彼の信条であるようだ。
表面的には、何かを失うことにより、何かを得ていくのが生きていくものの常である。しかし、魂の源泉においては何ものも失われてはいないといえるのかもしれない。 とはいえ、手探りしなから魂の源泉に少しずつでも近づいていこうとするためには、多くのものを捨て去らねばならないのかもしれない。

  ( 2010年10月 名古屋での山下和仁&山下紅弓デュオコンサートプログラムより )


山下和仁 Kazuhito YAMASHITA

クラシック・ギターの雄として、コルドバ、セルビア、ポルトガル・サントティルソ、メキシコ、ベネズエラなどの世界各地の国際フェスティバルに毎年のように招待されている。16歳の時に世界三主要国際ギター・コンクールにいずれも史上最年少第1位。これまでに、LP,CDあわせて77点をリリース。自編≪展覧会の絵/ムソルグスキー≫、J.S.バッハの連続録音などは名高い。ソロ活動としては、ウィーン・ムジークフェライン大ホール、ニューヨーク・リンカーンセンター、シカゴオーケストラホールなどでのソロリサイタルの他、数々の世界的指揮者やオーケストラ、ソリストたちとの共演。1984年トロント国際ギターフェスティヴァルでセンセーションを招いて以来、名声は国際的にもすでに不動。同時代特にアジアの作曲家たちの新作委嘱初演にも意欲的で、敬呈された作品は60曲を越えている。CD≪黎明期の日本ギター曲集≫で平成11年度文化庁芸術祭大賞を受賞。

 

          Copyright © 2008 brinrinri      All Rights Reserved